時代と共に変化し続ける農具や農機具を見てみましょう!!

目覚しい成長を果たしている農業機械|歴史や農機具の詳細

MENU

今、農業が注目されています。

 

農作物が育てられている畑

 

コンピュータや高層ビルに囲まれた私たちの生活を影で支えてくれている農業は人間が生きていく上で大切な食糧を供給してくれる大切なものです。

 

そんな農業の良さが見直されて若い人の中でも、脱サラして農業をはじめたとか、農業の魅力に取りつかれ、農家に就職したという人も増えています。

 

しかし、日本国内が高齢化していく中で、農業従事者の高齢者が占める割合というのも高くなっているのも事実です。

 

農業とは田畑を耕して農作物を栽培したり、大きな牧場で牛や豚を飼育したり、私たちの食を守るために大切な仕事です。

 

そのような安全で美味しい農畜産物を私たちの暮らしに供給するため、日本の農家ではさまざまな取り組みや試行錯誤が行われ発展してきたという経緯があります。

 

農業にはさまざまな要素が必要になってきますが、その中で農機具や農業機械が占める割合というのも非常に大きなものがあります。

 

例えば、土壌を耕うんして作物が育つ形状にすることができる農業用トラクターや耕うん機などは、今や欠かすことのできないツールとなっています。

 

また、耕うんや土地の管理調整にかかる重労働だけでなく、田植えから収穫などにも農業従事者には大きな重労働が待っています。

 

そういった重労働はコンバインや自動田植え機などの車両系ロボットによって代替えされている現状があります。

 

現在ではこういった農業用車両にさらにITの技術を取り込んだり、自動で操舵するシステムや制御用のパソコンが搭載されたり、GPSが搭載されて人工衛星からデータを送信するものなども登場しています。

 

そういったデータのやり取りやリアルタイムの土壌の分析・解析を行うことで、より生産性の高い農作業を実現したり、農業の省エネ化を実現することができました。

 

またそういった最先端の技術が注目される中で、古くから伝わる原始的な鍬や鋤、犂(プラウ)といった農具は今でも重要な役割を持って、広く使われています。

 

このサイトでは、農具の歴史や種類などの基本的な情報などを詳しく解説しています。

 

農機具の起源や歴史農具と農業用機械との区別はどこでするのかといった話まで詳細に分析されています。

 

今現在使われている農業機械の性能や現在は使われることは少なくなっている農機具を紹介したりしています。

 

農機具の買取をご希望の方は下記サイトをご覧下さい。

 

買取までの流れやポイント、買取できないものなどについても紹介しているので、初めての方でも安心して利用いただけます。

 

農機具買取専門-電話1本で簡単・高額・スピード査定【農機具ひろば】

 

稲の収穫に使われているコンバイン

 

例えば現在、稲の収穫をもっとも効率的に行うのはコンバインです。

 

コンバインは稲を刈り収穫しながら、脱穀も行うことができるなど一つのアクションで多くの工程を担うことができるなど多機能な農業用機械であることがいえます。

 

しかし、以前は収穫は人間の手で行い、脱穀は脱穀機で行うことが多かった歴史があります。

 

足踏み脱穀機で人力で稲から籾殻を分離する作業が主流だった時代もあります。
さらにその昔は、千歯扱ぎといわれる道具を用いて脱穀を行っていました。

 

 

 

このように農業で利用されている農具や農機具というのは、時代とともに大きく変遷してきた経緯があります。

 

それはより早く効率的に農業を行うため、もしくは農業に従事する者を重労働から解放するために、農業機械や農業用の車両を発展させてきました。

 

農業用トラクターやコンバインが登場することによって、耕うんや収穫のスピードや規模も革命的に増大したことは言うまでもありません。

 

また、そういった農業機械も近年ではさらに進化して高性能になりつつあります

 

IOT(インターネットオブシングス)の考え方を取り入れて、農業機械をインターネットでつないで、生産計画から出荷・販売までを管理し、随時データを吸い上げて解析・分析することでより効率的な農業を実現していくことが可能になるでしょう。

 

さあ、このサイトで農具や農業機械について詳しく学びましょう。