農機具購入に対して安さを最も重視するならオークションがおすすめです。

オークションで農機具を購入するメリット・デメリット

MENU

オークションで農機具を買う

オークションで農機具を買うメリットとは

農機具を買う場合には、農機具店を利用するというのが最も一般的な方法です。
また、農機具メーカーの営業所で直接購入するという方法もありますし、通販を利用するという手段も考えられます。
農家の方の多くはこれらの方法のいずれかで農機具を購入されていますが、実はこれ以外にも農機具を購入する方法があります。
それが、ここで紹介するオークションで買うという方法です。

 

オークションに出品されている農機具

現在では、あらゆるジャンルの商品をオークションで購入(落札)することができます。
ここで取り上げる農機具もそうした商品の一つなのですが、農機具の場合にはオークションに出品されている商品に共通した点があります。
それは、ほとんど全ての商品が中古品であるということです。
他のジャンルであれば「新品」あるいは「未使用」といった商品が出品されることも多いのですが、農機具の場合には基本的に中古品が出品されているのです。

 

オークションの最大の魅力は安さ

オークションで農機具を買うことの最大の魅力はやはり価格の安さです。
農機具というのは基本的にどれも高価なものばかりですから、これは非常に大きなメリットです。
しかも、出品されている商品のほとんどは中古品ですから、通販よりも安く購入することができます。
さてそこで気になるのが、具体的にどの程度の価格で購入できるのかというところです。

 

これは農機具の種類によってかなり差があるのですが、例えばフレールモアの場合であれば、
新品で70万円近くするものがオークションであれば40万円以下で購入することができたりします。
またこの他の農機具についても、新品の価格の半額以下で購入できるものが数多くあります。
ですので、農機具を購入する際に安さを最も重視するという方には、オークションが一番おすすめです。

 

オークションで農機具を買うことのデメリット

オークションには、安く農機具を購入できるというメリットがある一方で、以下で紹介するようなデメリットもあります。

 

・写真と説明文では分からない部分がある

オークションでは、商品の写真と説明文を確認した上でその商品に入札するかどうかを決定することになります。
つまり、写真と説明文の二つだけが判断材料となるわけですが、実は農機具の場合にはこの二つの情報できない部分が多々あるのです。
一番分かりやすいのは内部の状態で、オークションに出品されている商品の中には、外見は良くても内部がボロボロという商品が意外と多くあります。

 

・修理できない商品がある

既に述べた通り、オークションで農機具を購入する場合には基本的に中古品を買うことになります。
そしてそうなると、修理が必要になってもメーカーで部品を製造していないということが起こり得ます。
ですので、オークションで農機具を購入する際には、事前に修理に必要な部品が現在も製造しているかどうかを確認しておく必要があります。

 

・不良品を掴まされてしまう可能性がある

これは農機具に限りませんが、オークションには不良品を掴まされてしまう可能性が常について回ります。
しかも、農機具の場合には値段が高額なので、不良品であった場合には大きな損失を被ることになってしまいます。