農業にIOTを導入して農業生産工程を適切に、リアルタイムに管理することで情報を集約します。

最近の農機具がすごい!農業を効率化するための取り組み

MENU

近年の農機具の性能

 

農機具の一つトラクター

 

国内における農家は減少傾向にあり、さらに農業に従事する者も高齢者が多いという現状の中で、農業機械や農業ロボットに依存する割合が高くなるのは必然的なことです。

 

現在ではIT技術の発展や農業機械の高性能化に伴い、精密農業が可能になりました。

 

農業といえば、田畑を耕して肥料を与え、農薬を散布して作物を栽培するものですが、そのノウハウは熟練農家の経験や勘に頼るところが多かったのですが、労働力不足と農業従事者の高齢化に伴い、さらに無駄を省き、精密な農業が求められるようになりました。

 

ITを活用して農薬や肥料の購入や使用を管理して、土壌条件に対して適切な量が使われているかを管理します。それによって無駄な肥料や農薬の投資を防ぐことができるので、コストを低減させることができます

 

具体的には、

  • 生産計画から出荷、販売までの各段階をチェックすることのできるPOSシステム
  • GPSを使って土壌や農作物の生産や生育状態を観測して、肥料や農薬の投入を決定する方法
  • 畑に設置された人工センサーで土壌の状態や大気の状態を察知する方法

などが開発されてます。

 

このように農業生産工程を適切に、そしてリアルタイムに管理することによって情報を集約してビッグデータ化していくことは、IOT(インターネットオブシングス)の農業導入例として注目されています。

 

また車両系ロボットの高性能化も目覚ましいものがあり、トラクターやコンバインなどにも従来の耕うん、収穫といった機能にとどまらず、車両にGPSが搭載されて田植えをコンピュータ化するものや、方位センサーによって耕うんを制御しながら調整できるもの、また自動で操舵されるものなどがあります。

 

また人間が装着することで収穫などの重労働が少ない力で行えるという農業用アシストスーツの導入も注目されています。

 

農業従事者の高齢化が避けられない中、農作業の効率化に欠かせない取り組みとなっています。