千歯扱ぎは櫛状の鉄や竹の歯の間を稲や麦を叩きつけて梳くことで脱穀を行うものです。

昔の人々はどんな農機具を使っていたのでしょうか?

MENU

昔使われた主な農機具を紹介

 

今は使われていない(もしくはほとんど使われていない)けれど、昔よく使われていた有用な農機具をご紹介します。

 

電動機や内燃機関の登場によって姿を消しましたが、当時としては画期的な農機具として時代の主役になりました。

 

現代の農業機械の種類

 

 

千歯扱き

 

現在では、日本で米を脱穀する際にコンバインのような刈り取りと脱穀を同時に行える便利なものがありますが、それに先駆けるハーべスターや足踏み脱穀機が登場する前には、千歯扱きという道具を使っていました。

 

これは櫛状の鉄もしくは竹の歯の間を稲や麦を叩きつけて梳くことで脱穀を行うものです。

 

江戸時代に現在の大阪府で登場して以来、足踏み脱穀機が明治時代に登場するまで広く使われていた農機具です。

 

 

足踏み脱穀機

 

千歯扱ぎの代替え品として登場したのが、足踏み脱穀機で脱穀の効率を格段にアップさせました。
踏み板を踏み込み円筒状の扱ぎ胴を回転させて稲や麦を押し当てて脱穀します。

 

定置型の自動脱穀機も登場して足踏み脱穀機も市場から徐々に追いやられてきましたが、現在でも製造されており一定のシェアを持っています

 

 

踏車

 

川などから水をくみ上げて田などに水を注ぐ方法として、人力の水車である踏車が利用されていました

 

江戸時代に日本で発明されたといわれる踏車は、人力で揚水するための農機具で、人が車の羽根の上を歩くことで水を揚げることができます

 

中国では竜骨車という名前で同じような構造の灌漑用揚水機として利用されていました。

 

 

唐箕

 

唐箕は稲や種子などの穀物を脱穀させ、籾殻や藁屑などを峻別することができる農機具です。

 

手動ですが、内部で風を発生させることで重いものを手前に落とし、軽いものを外に吹き飛ばす構造になっています。

 

日本の農家では現在でも使用しているところも多く、一部メーカーでは製造もおこなっています。