トラクターは人が運転して巨大なタイヤと動き、ロータリが回転することによって田畑を耕します。

農業は様々な機械を駆使して行われているんです!

MENU

農業機械の種類

 

私たちの食を支える農業には、さまざまな機械が使われています。

 

 

トラクター

 

耕うん機は比較的面積の小さな田畑を耕すには、低価格で扱いやすいですが、広大な面積の畑を耕すには、さらに労力が少ない方法で耕すトラクターがおすすめです。

 

土を耕す最中のトラクター

自動車と同じ構造で人が運転して巨大なタイヤと動き、ロータリが回転することによって田畑を耕します。耕す深さや土の粗さも調整できるので、本格的に農業をするのなら必須の機械といってもいいでしょう。

 

また耕うん機能だけでなく、畝を作ったり、地温上昇を抑制し、雑草を抑える黒マルチを貼ることもできるという特徴があります。

 

 

耕うん機

 

トラクター同様、ディーゼルやガソリンなどで動くエンジンを動力とするものが多いですが、トラクターよりははるかに小型で人の力で手押しするタイプの農業機械です。

 

機体の下部についているロータリにより畑を耕す耕うん専門機です。
また燃料エンジンタイプ電気式で駆動するタイプがあります。

 

 

草刈機・刈り払い機

 

農業に雑草などの草を除去する手間はつきものです。昔は機械がなく、草刈り鎌で手作業で草を刈っていましたが、この作業にはもともと時間をかけたくないものです。

 

人間が持ちあげられる程度の小型エンジンで持ち運びやすさも抜群で、女性でも比較的操作しやすいのが特徴です。

 

 

コンバイン

 

農業には土を耕したり、草を刈るような農業の準備段階の作業だけでなく、収穫の際にも大きな労力を要します。

 

稲作における大量の稲刈りに使う農業機械としてコンバインがあります。
稲や麦などを刈り取って、脱穀という茎からはずす作業を自動で行える機械があります。

 

コンバインのすごいところは、手作業などで稲を刈ることと脱穀機で脱穀する作業を一度に行うといった革新的イノベーションをもたらせたことです。

 

刈り取り部と脱穀部で構成されており、トラクターのように人が運転して乗用型エンジンで作られています。

 

 

近年の農業機械の性能とは?