環境条件を適切に解析するセンサーを取り付けることで、肥料や水分の適切な量を判断できます。

【第一弾!】世界で日々進歩を遂げる農業機器をご紹介

MENU

進化する世界の農業機械|Part1

 

広大な農地

 

アメリカや欧州などの農業大国では、さまざまな高性能な農業機械が展開されています。

 

特に馬力や出力などでも日本国内の農地の規模とアメリカのような広大な農業用地の規模では比較にならないほど違うので、トラクターの大きさも馬力も桁違いのものがあります。

 

また精密農業を可能にするために気象条件や土壌を解析するツールや農地にソーラーパネルを取り付けることもあります

 

 

気象条件、土壌データの解析

 

農業は気象や土壌環境によって栽培作物の出来高が左右されます。
適切な水量や温度、肥料などを実行できなければ、予定通りの作物ができません。
IOT農業では、そういった環境条件を適切に解析するセンサーを取り付けます

 

PSソリューションズの「e-kakashi」などは、空気中のCO2の量や土壌内の温度や水分などの情報を収集して解析するツールです。

 

こういった情報をピックアップして分析することで、どのような作物の栽培が適正か、そしてどれくらいの収穫量が見込めるかを適切に判断することができます

 

特にこれまでの農業は、栽培している作物に対して肥料や水分が適切に供給されているかを推し量るには、農家の経験や勘だけが頼りでした。

 

しかしこれからはセンサーにより管理することで適切な量を判断することができます

 

これが可能になれば、気象条件が厳しい農業に向かないとされていた地域でも、少ないコストと投資で農作物ができる可能性もあるため注目されている技術です。

 

 

農地にソーラーパネルを設置して太陽光発電

 

現在農地を持つ農家で導入しているところが増えてきているソーラーパネルを設置して太陽光発電を行うというもの。

 

日光は農業、とりわけ作物の生成に重要な要素ですが、ビニルハウスの上にパネルを設置することで「営農型」と言って、パネルの下で農作物も育てながら、発電も同時に行うという一石二鳥のメリットがあります。