農業車両を私有地から公道に動かす必要がないのであれば、運転免許は必要ありません。

農業車両を利用するためには運転免許が必要なのか?

MENU

必要な運転免許

 

農業で必要になる運転免許

 

現代農業に必要な農業用トラクターやコンバインなどの農業車両を動かすためには、運転免許は必要なのでしょうか?

 

私有地の運転に関しては、運転免許は必要がありません。

 

トラクターやコンバインを使用する場所が私有地で車両をそこから公道に動かす必要がないのであれば、運転免許は必要になりません

 

しかしだからといって上手に運転できるわけではなく、もし保管場所から田畑に移動させる必要があるのであれば、公道を走らせるために対応する運転免許を取得しておく必要があります。

 

最高速度が15km/h以下、全長が4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.8m以下の農業機械であれば小型特殊自動車に分類されます。

 

その場合は、小型特殊免許もしくは普通運転免許が必要になります。

 

しかしその規格を超える農業用車両である場合、大型特殊自動車に分類されます。

 

クボタ電農スクエアが展開しているコンバインの上位グレードのワールドシリーズは、全長が4.7m以上、全幅が2mを超えるため大型特殊自動車になります。この大型特殊自動車という部分が重要なので押さえておきましょう。

 

大型特殊自動車を運転するためには大型特殊自動車運転免許が必要なります。

 

大型特殊自動車は農業車両だけでなく、クレーンやフォークリフトなど建設や造船、製造業などの分野で使われているものも含まれ、これを運転するためには大型特殊自動車運転免許が必要で、これは大型免許とは違います

 

また大型特殊自動車の運転免許を持っていてもその他の大型自動車、中型自動車、普通自動車の運転資格はありません

 

大型特殊免許を持っていて運転できる下位の免許は、小型特殊自動車原動機付自転車だけです。

 

大型特殊自動車運転免許を取得していると、農業分野だけでなく建設現場や造船工場、その他の分野で幅広く活躍することができるのでおすすめの免許です。